横浜ヘッドライン
横浜に関連したニュースヘッドラインを集めています。
横浜

横浜ニュースヘッドライン 2020/05/25

「カモの親子を助けて」 横浜港で救出劇、海保が出動も…


 横浜港・新港ふ頭の客船ターミナル「横浜ハンマーヘッド」(横浜市中区)近くの海上で25日、カルガモとみられる親子が“立ち往生”する一幕があった。通報を受けた横浜海上保安部が出動し、約30分にわたる救 …
https://www.47news.jp/localnews/prefectures/kanagawa/4846754.html
2020/05/25 19:46

おおみや
神奈中・湯快爽快が、大宮に進出「湯けむり横丁 おおみや」神奈川発の日本最大バス会社グループ神奈中が日帰り温泉事業をもって埼玉に進出。 ブランドは、ご存じ、湯快爽快。茅ヶ崎一号店から始めるFC...

横浜港の「シーバス」運航再開 1カ月ぶり 検温消毒徹底


 新型コロナウイルス感染拡大で運休していた横浜港の水上バス「シーバス」が25日、約1カ月半ぶりに運航を再開した。初日は乗客は少なかったものの、来月から人出が回復すると見越して態勢を整えた。  運航す …
https://www.47news.jp/medical/4846753.html
2020/05/25 20:28

私立高校の大量退職で提訴、横浜 保護者ら「顧問を不当に解任」|全国・海外のニュース|徳島新聞

非正規雇用の教員の大量退職が問題となった横浜市の橘学苑高校…
https://www.topics.or.jp/articles/-/367683
2020/05/25 19:43

【コロナウイルス感染予防】温浴施設やサウナは安全か! 安全面と免役力の関係性 飛沫と接触感染をまとめてみた! 予防しつつ楽しむ方法はあるのか?【新型肺炎対策】【コロナウイルス感染予防】温浴施設やサウナは安全か! 安全面と免役力の関係性 飛沫と接触感染をまとめてみた! 予防しつつ楽しむ方法はある...

サミット/横浜市中区に13年ぶり出店「桜木町コレットマーレ店」 | 流通ニュース


サミットは5月20日、神奈川県横浜市中区に同区内2店舗目となる「サミットストア 桜木町コレットマーレ店」を開店した。横浜市への出店は9店舗目、中区への出店は2007年の「横浜曙町店」以来、13年ぶりとなった。
https://www.ryutsuu.biz/report/m052547.html
2020/05/25 18:21

官民連携でコロナ対策、横浜で「#おたがいハマ」(オルタナ) – Yahoo!ニュース


新型コロナウイルスの感染状況に対し、的確な情報や支援を提供しようと横浜市のNPOや行政、企業などが連携したプラットフォームに基づくウェブサイト「#おたがいハマ」がこのほど立ち上がった。新型コロナに関
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200525-00010002-alterna-soci
2020/05/25 18:12

横浜ニュースヘッドライン 2020/01/15日産と横浜市、災害時におけるEVからの電力供給で協力 | レスポンス(Response.jp) 日産自動車と神奈川日産自動車、日産プ...

グラファー、横浜市で新型コロナ融資関連手続きのオンライン申請を提供(アスキー) – Yahoo!ニュース

グラファーは、企業向けの融資に必要な認定申請がオンラインでできる「Graffer スマート申請 横浜市」の提供を開始。 ⾏政サービスのデジタル化を⼿掛けるグラファーは5月25日、企業向けの融資に必要
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200525-00000025-ascii-sci
2020/05/25 17:00

横浜中華街 期待と不安と 目安クリアならずも“解除”へ

暮らしを守れ現場LIVE。目安を満たしていない神奈川県も緊急事態宣言が解除される。街では、どのような声が広がっているのだろうか。横浜中華街からお伝えする。王府井本店では、緊急事態宣言以降、およそ1カ月半もの間、営業を自粛して休業していたが、現在はコロナ対策をしっかりしながら、23日から営業を再開させた。今もおいしそうな小龍包を作っている最中だが、お店の人に話を聞くと、「やっぱり、営業再開して自分たちの作った小龍包をお客さんが笑顔で食べているところを見られるのがとてもうれしいんだ」と話す一方で、…
https://www.fnn.jp/articles/-/45672
2020/05/25 17:36

横浜市、温室効果ガス削減で事業者表彰 自主的な取り組みで6.6%削減 | ニュース | 環境ビジネスオンライン

横浜市は5月20日、横浜市地球温暖化対策計画書制度で、特に顕著な実績を挙げた10事業者を「ヨコハマ温暖化対策賞」の受賞者に決定し表彰すると発表した。同制度において、温暖化対策に取り組んでいる事業者の温室効果ガス排出量は、基準年度(2015年度)の760万t-CO2に対し、2018年度は710万t-CO2と、50万t-CO2(約6.6%)削減された。
https://www.kankyo-business.jp/news/025121.php
2020/05/25 14:38